豆乳を使った化粧品を使ってみようと思ったのはムダ毛処理をした後の肌のケアにいいものを探していたからです。

 

自分で家庭用の除毛器を使って全身のムダ毛を処理していたのですが、処理後の肌がどうしてもヒリヒリするのがイヤでいいものを探していました。

 

豆乳にはムダ毛が成長することを妨げる成分もあるということで、さっそくドラッグストアでもよく目にしていた商品を購入したのです。

 

購入したのは化粧水と乳液の両方でした。

 

この時は顔の手入れに使うつもりは全くありませんでしたが、「手肌のケアにも使おう」と考えていたのです。

 

手荒れがひどい方だったので、ハンドクリームよりも早くなじんでクセのない化粧水は元からよく使っていたのです。

 

もともと豆乳は飲み物としても好きでしたし、アレルギーなどの心配は全くありませんでした。

 

ちなみに手荒れのほうは化粧水をつけてから乳液をつけるとしっとりとして爪先まできれいです。

 

ムダ毛処理後に使ってみると、さらっとした感じなのに肌にしっとりとなじんで強い香りなどもなくいい感じです。

 

ついでに膝やひじ・かかとなんかの角質が気になる部分にもたっぷりとつけてみました。

 

ローションなどは本当にさらっとしているので、本当に豆乳が使われているのかなと思うくらいです。

 

プチプラ化粧品だし、たっぷり使えることも気に入りました。

 

使って1週間してすぐに「あ、本当にムダ毛の成長が遅くなっているな」と感じたのです。

 

以前は1週間に1回は必ず、というケアリズムでしたが、豆乳化粧水・乳液をつけているとそれが10日たってもまだ大丈夫だな、という感じなのでした。

豆乳ローション

それで、じゃあ顔そり後にはどうだろうと使ってみると、頬などはもっちりふっくらとしてなかなかいい感じなのです。

 

化粧ノリもよくて、今はお休みの日は洗顔後に化粧水・乳液をつけてベビーパウダーをはたき、色付きリップクリームだけで過ごしています。

 

最初は夜寝る前のケアの時に使っていましたが、もう今は基礎化粧品をすべて豆乳のシリーズにしています。

 

調べてみると基礎化粧品だけじゃなくてUV対策もできる下地やクレンジング・洗顔もあるので思い切ってライン使いです。

 

今興味があるのはオールインワンジェルタイプです。

 

朝の時短にオールインワンは魅力的ですが、それが豆乳化粧品のシリーズで見つけたこともあり、ぜひ使ってみたいなと考えています。